蝶ネクタイ 専門ブランド BOWTIE SPECIMENS

BOWTIE SPECIMENS (ボウタイ スペシメンズ)の「手結び蝶ネクタイ編」ブログです。

7.小型結び/解説_Small Bow Knot History,チャーチルの結び方/Winston Churchill BowTie-Style

小型結び/Small Bow Knot 解説

 

f:id:another-design:20161009211241j:plain

 

 

このページでは、小型結び(Small Bow Knot)について解説します。

 

 

 

f:id:another-design:20150430143143j:plain
©Another-Design-Inst. / 19th Century Pointed End / 4.0cm width 

 

 

 

スーツに合わせるネクタイの長さや幅を気にする人はいても、蝶ネクタイの幅や長さを気にする人は、ほとんどいないかもしれません。

 

 

 

それも当然と言えば当然で、現代のボウタイは幅を調節する選択肢すらない程、簡略化されています

 

 

 

f:id:another-design:20150430201931j:plain 
©Another-Design-Inst. / 19th Century Square End / 4.0cm width 

 

 

 

上の2枚の写真は復刻 蝶ネクタイ小型結びをしたものです。通常よりも小振りなボウタイは、独特な魅力を持っています。

 

 

 

 

 

小型結び/Basic Bow Knotの歴史

 

 

 

f:id:another-design:20150527173835j:plain
Public Domain / Wikimedia Commons / 1812-1813【 Daniel La Motte 】

 

 

 

18世紀後半から、紳士達の首に嵩高く結ばれるようになった後期クラヴァット。細長く巻かれたスカーフ上の先端は、最後に蝶結びで仕上げられることもありました。

 

 

 

その際、意図的に大きく蝶結びする場合もあれば、逆に小さく蝶結びするものもあったことは、当時の指南書などを見て確認することができます。

 

 

 

1827年発行後、ヨーロッパ中に普及したというクラヴァットの結びの技法[The Art of Tying the Cravat]という指南書のイラストを、下記サイトから閲覧できます。

 

 

 

直リンクできないサイトになっていますので、リンク先ページ上のキーワード欄で、[クラヴァットの結びかた16課]とコピペしていただき、検索結果画像一覧が出ましら、右下の[図版のみ]のボタンを押してみてください。 

 

 

文化学園大学図書館 貴重書デジタルアーカイブ

 

 

 

f:id:another-design:20150527173756j:plain
Public Domain / Wikimedia Commons  1943【 Winston Churchill 】

 

 

 

19世紀中頃を機に、蝶ネクタイが普及し始めます。上と下の写真は英国の元首相[チャーチルさん]ですが、恰幅良い体型に小さなボウタイ姿は、彼のトレードマークでした。

 

 

 

写真で見る限り、手結び型を使用していたと見られますが、彼の場合ボウタイを三つ折りにして結んでいたのではないかと思います。あるいは最初から短いボウタイを使っていた可能性もあります

 

 

 

f:id:another-design:20140623224118j:plain 
Public Domain / Wikimedia Commons  1943【 Winston Churchill 】

 

 

 

通常サイズのボウタイを小型に結ぶためには、小型結びをするか、首回りの調節金具があれば可能な限り短くする、あるいはその両方を行う必要性があります。

 

 

 

しかし、初期の手結びボウタイにはアジャスタは付いていなかったようです。またスモール・ボウタイ(小型のボウタイ)は、特に1890年代から20世紀初頭にかけて、よく見かけますが、

 

 

 

これらは、ほぼ全て予め結ばれてある作り結び式のものでした。やや話が込み入りましたが、要するに私が辿り着いた小型結びのような結び方をわざわざした人は、ほぼいなかったと推測されます。

 

 

 

Men's Clothing & Fabrics in the 1890s: Price Guide (A Schiffer Book for Collectors)

Men's Clothing & Fabrics in the 1890s: Price Guide (A Schiffer Book for Collectors)

  • 作者: Roseann Ettinger
  • 出版社/メーカー: Schiffer Publishing
  • 発売日: 1998/09
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 2人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

 

 

小型結び/Basic Bow Knot 写真館  

 

 

 

以下には、蝶結びをしている人物の歴史資料の中から、一部をピックアップして掲載いたします。どの人が手結び型で、どの人が作り結び型か分かりますか?

 

 

 f:id:another-design:20150527173807j:plain
Public Domain / Wikimedia Commons  1898【 John Downer 】

 

 

 

f:id:another-design:20150601120342j:plain
Public Domain / National Diet Library / 渋沢栄一 (1840〜1931)

 

 

 

f:id:another-design:20150601120328j:plain
Public Domain / National Diet Library / 島田三郎 (1852〜1923)

 

 

 

f:id:another-design:20150527173748j:plain
Public Domain / Wikimedia Commons /  ca.1900  Carl Anton Peschke

 

 

 

f:id:another-design:20150527174424j:plain
Wikimedia Commons /  1904 University of Michigan baseball team

 

 

 

f:id:another-design:20150527174029j:plain
Public Domain / Wikimedia Commons  1919【 Georges Clemenceau 】

 

 

 

f:id:another-design:20150527173813j:plain
Public Domain / Wikimedia Commons /  1925  Michael Joseph Kirwan

 

 

 

f:id:another-design:20150527174410j:plain
Public Domain / Wikimedia Commons / 1930 Gösta Ekman 

 

 

 

f:id:another-design:20151122154735j:plain
Public Domain / Wikimedia Commons  1919【 Georges Clemenceau 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【画像について】本ブログにおける画像は、「パブリック・ドメイン」「CCライセンス」「ロイヤリティフリー著作」「アフィリエイト・リンク」または「アナザーデザイン研究所」著作の画像等を、各規定の範囲内で掲載しております。また、服飾文化研究をより多くの人と共有し、継承・発展させたいという観点から、肖像写真は重要な歴史的証拠と考え、敬意を込めて掲載しております。 パブリックドメイン  /  クリエイティブ・コモンズ  /  ロイヤリティフリー  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする