蝶ネクタイの結び方 How to Tie a Bow Tie

蝶ネクタイ(ボウタイ)の結び方、コーディネイト、歴史など。ネクタイ史研究者の蝶ネクタイ・ブランドが発信するブログです。How to tie a BowTie, Styling, History etc. BowTie Specimens Presents.

22.手なが結び/解説_Long Hands Knot History,蝶ネクタイの長さ,幅,メキシコ皇帝の結び方/Maximiliano I BowTie-Style

手なが結び/Long Hands Knot 解説

 

f:id:another-design:20161010013016j:plain

 

 

このページでは、手なが結び(Long Hands (Bow) Knot)について解説します。

 

 

 

f:id:another-design:20150501125105j:plain
©Another-Design-Inst. / 19th Century Square End / 4.0cm width 

 

 

 

手[羽根]を長く伸ばしたようなシルエット。

 

 

 

f:id:another-design:20150501125158j:plain
©Another-Design-Inst. / 19th Century Wide Pointed End / 8.0cm width 

 

 

 

歴史をヒントに、ボウタイの可能性をさらに広げて行けそうです。

 

 

 

 

 

手なが結びの歴史 

 

 

 

f:id:another-design:20150531214156j:plain
Wikimedia Commons / Maximilian I of Mexico, ca, 1857-1867

 

 

 

上と下の写真は、メキシコ皇帝だったマクシミリアーノ1世です。政治史で見れば彼の生涯は儚いものでしたが、蝶ネクタイの歴史で見た場合、貴重な文化的価値を残してくれた人物の一人です。

 

 

 

f:id:another-design:20150531214208j:plain
Wikimedia Commons / Archduke Maximilian Trieste, 1863

 

 

 

彼の激しいヒゲもさることながら、ボウタイ姿はいつも、剣先を左右に長く伸ばすスタイルだったようです。(この写真のボウタイは交差結び&手長結びと言えます。)

 

 

 

今日の人々が結ぶボウタイは、90%以上が水平に約12センチ幅のものを結んでいます。スーツ・スタイルのVゾーンとのバランスが良いということなのか、それが当然のことのように生産側も作っています。

 

 

 

しかし、本来はもっと自由であったことは、写真の中のマクシミリアーノ1世も教えてくれています。

 

 

 

 

 

手なが結び 写真館

 

 

 

以下には、手なが結び をしている人物の歴史資料の中から、一部をピックアップして掲載いたします。

 

 

 

f:id:another-design:20150531214336j:plain
Public Domain / Wikimedia Commons / Foley, John Henry 1863

 

 

 

f:id:another-design:20150531214343j:plain
Public Domain / National Diet Library / 前島密 1835-1919

 

 

 

f:id:another-design:20150531214350j:plain 
Public Domain / Wikimedia Commons / Sir Thomas McIlwraith, 1874

 

 

 

f:id:another-design:20150531214358j:plain 
Public Domain / Wikimedia Commons /  aubrey-beardsley ca, 1890

 

 

 

f:id:another-design:20151027201208p:plain
Public Domain / Wikimedia Commons / William McKinley ca,1858

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   f:id:another-design:20170323202844j:plain