「蝶ネクタイの標本」blog | BOWTIE SPECIMENS

蝶ネクタイ ブランド「蝶ネクタイの標本」のブログ。蝶ネクタイの歴史,結び方,種類など、ネクタイ史研究を土台に生み出す作品を発信します。"BOWTIE SPECIMENS" is Traditional and Creative BowTie brand. How to tie 23 ways BowTie Knot ? 150 years History , many design types.

蝶ネクタイの型紙,デザイン,トラディエイティブ[5]ラウンド・エンド-----蝶ネクタイ 起源 歴史 19世紀

トラディエイティブ・シリーズ/Tradiative Series[5]

固執したネクタイ文化に新たな楽しみを!
歴史を知り、いま新たな文化を再生していく。

 


「ラウンド エンド」という型紙デザインになります。
先端が曲線になっていて、印象的なシルエットを出すことができます。


歴史資料では、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、チェコの作曲家ドヴォルザークの師「アントニン・リーマン(Antonin Liehmann)1808-1879」や、


イタリアの作曲家「ジャコモ・プッチーニ(Giacomo Puccini)1858-1924」の肖像に、同様のものが確認できます。また、1950年代にはアメリカの雑誌でも紹介されています。100年以上前からある発想のデザインです。


ご参照
Antonin Liehmann / Giacomo Puccini

 

 

この型紙で結ぶ際のイメージを、ご紹介いたします。

 

f:id:another-design:20160906005509j:plain

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160906005518j:plain

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160906005530j:plain

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160906005542j:plain

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160906005554j:plain

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160906005610j:plain

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160906005626j:plain

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160906005637j:plain

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160906005651j:plain

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160906005657j:plain

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160906005702j:plain

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160905185419j:plain

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160905185429j:plain

 

 

 

 

f:id:another-design:20160905185437j:plain