「蝶ネクタイの標本」blog | BOWTIE SPECIMENS

蝶ネクタイ ブランド「蝶ネクタイの標本」のブログ。蝶ネクタイの歴史,結び方,種類など、ネクタイ史研究を土台に生み出す作品を発信します。"BOWTIE SPECIMENS" is Traditional and Creative BowTie brand. How to tie 23 ways BowTie Knot ? 150 years History , many design types.

蝶ネクタイ,テクニックし5/クロスタイ・ルック/Continental Crossover Tie Look | Technique

Continental Crossover Tie Look | Technique

 

 

f:id:another-design:20160605193100j:plain
©Another-Design-Inst. / Square End/4.0cm width クロスタイのピンズ

 

 

 

f:id:another-design:20160605193127j:plain
©Another-Design-Inst. / Square End/4.0cm width クロスタイにタイピン,タイバー

 

 

日本でクロスタイと呼ばれるネックウェアは、英語ではContinental Crossover Tieと呼ばれていますが、元々は蝶ネクタイの代用品としてアメリカで開発されたようです。



その話は別記事で書きましたので、リンクを貼っておきます。




ここでは本格的な手結び蝶ネクタイを使用して、クロスタイ・ルックをつくる技術をご紹介します。


ただし下の写真のように、20世紀以降から現在にかけて、一般的に普及している簡易型のReady-Shaped BowTieでは結べません。 

 

 

f:id:another-design:20151103025122j:plain

 

 

セッティングの手順はとても簡単です。適当な長さで左右の羽根を折り、クロスタイ同様にピンやクリップで固定した後、上衿を戻し挟み込みます。


 

How To Set

f:id:another-design:20160605193830j:plain
1.Hung on the shoulder→2.Fold the wings→3.Fasten with a Pin or Clip→4.Fold the collar

 

 

 

f:id:another-design:20160605193851j:plain
1.Hung on the shoulder→2.Fold the wings→3.Fasten with a Pin or Clip→4.Fold the collar 

 

 

 

f:id:another-design:20160605194725j:plain
©Another-Design-Inst. / Square End/4.0cm width

 

 

 

f:id:another-design:20160605194835j:plain
©Another-Design-Inst. / Square End/4.0cm width

 

 

 

f:id:another-design:20160605193936j:plain                                         
                                       ↓↓

 

 

 

 

 

f:id:another-design:20160527213356p:plain