「蝶ネクタイの標本」blog | BOWTIE SPECIMENS

蝶ネクタイ ブランド「蝶ネクタイの標本」のブログ。蝶ネクタイの歴史,結び方,種類など、ネクタイ史研究を土台に生み出す作品を発信します。"BOWTIE SPECIMENS" is Traditional and Creative BowTie brand. How to tie 23 ways BowTie Knot ? 150 years History , many design types.

変わったネクタイのスタイル[男はちょっと変わってる位が丁度いい]

男の変なこだわりが世の中を豊かにする

 

 

 

f:id:another-design:20151117232925j:plain
Wikimedia Commons  Public Domain   
Harvard Theatre Collection

 

 

 

オシャレ変(へん)は紙一重。彼女や嫁さんに「え〜?どうなん、その格好〜、ない〜!( ̄▽ ̄)」と言われ、

 


(・_・; ちょっと心が負けそうになっても、「コレがいいんだよ!」と押し通せる男は、世の中にそんなにいないと思います。けっこうショック受けたりして(~_~;)

 

 

 

f:id:another-design:20151117232945j:plain
Wikimedia Commons  Public Domain   Anton P Chekhov

 

 

 

f:id:another-design:20151117232955j:plain
Wikimedia Commons  Uncle Marian A Slave of Great Notoriety of North Carolina 

 

 


でもいいと思います、そのままで。「突っ込みたいなら突っ込め!笑いたいなら笑え!」「俺はコレがいいと思ったんだよ。そうさ新しいと思ったんだよ( ´Д`)y」と心の中で思いましょう(弱)

 


いつの時代も、そんな変な挑戦から新しいスタイルが生まれてきたのだから。

 

 

 

f:id:another-design:20151117233012j:plain
wikimedia Commons  Public Domain   Richard & Siegfried Wagner 

 

 

 

f:id:another-design:20151117233026j:plain
Wikimedia Commons  Public Domain   d'Isaac Krassilchik

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

f:id:another-design:20160527213356p:plain