蝶ネクタイ 専門ブランド BOWTIE SPECIMENS

BOWTIE SPECIMENS (ボウタイ スペシメンズ)の「手結び蝶ネクタイ編」ブログです。

蝶ネクタイとは?世の中の[蝶ネクタイの結び方]の99%以上は、1つの結び方しか伝えていない? 蝶ネクタイの歴史を紐解く。

海外でも同じ?蝶ネクタイ(Bow Tie)事情

 

 

 

f:id:another-design:20140703011502j:plain
 Wikimedia Commons / ca.1850【 Leverett Saltonstall & Companions 】/ Black Cravat

 

 

 

蝶ネクタイとは? [手結び式 蝶ネクタイ]を、英語では[ Self-Tie Bow Tie ]と呼ばれ、予め結び縫い付けられている[作り結び式 蝶ネクタイ]は、[ Ready-Made Bow Tie ]とか、[ Pre-Tied Bow Tie ]などと呼ばれています。

 

 

 

一方で、[蝶ネクタイの結び方]という言葉は、[ How to tie a bow tie ]という言い回しが、よく使われています。現在この言葉をGoogle検索すると、世界中の情報を見ることができます。

 

 

 

画像 How to tie a bow tie
動画 How to tie a bow tie

 

 

 

蝶ネクタイに 他の結び方は あるのか?

 

 

 

f:id:another-design:20140512195911j:plain 
©fotolia

 

 

 

これらすべてを見て確認したわけではないですが、おそらく99%以上がたった1つ [ Basic Bow Knot ]という、最も基本的な結び方だけを紹介しています。

 

 

 

さて、ここで私は疑問を持ちました150年ほど前からある蝶ネクタイには、その直接の起源の一つである[クラヴァット(クラバット) cravat ]や、

 

 

 

今日のビジネスマンが使う、[結び下げネクタイ Four-in-hand Tie ]のように、他の結び方が存在してこなかったのだろうか。

 

 

 

f:id:another-design:20140703005634j:plain
Wikimedia Commons / ca.1858 【 Three Brazilian students 】

 

 

 

結論を先に言うと「ありました」。というよりそれらしき結び方がいくつも見つかりました。」

 

 

 

なぜそれらしきかというと、今のところ[蝶結び]以外では、歴史的に欧米で広く普及したと見られる、[蝶ネクタイの結び方]が記された文献証拠は、存在していないようだからです。

 

 

 

しかし、蝶ネクタイが生まれたと考えられる、1850年代辺りからの膨大な数の肖像写真などを細かく見ていくと、

 

 

 

明らかに通常の [蝶結び Basic Bow Knot ]ではない結び方を、している紳士達がたくさん発見できます。

 

 

 

f:id:another-design:20150601110250j:plain
Wikimedia Commons / ca.1876 / William S. Clark

 

 

 

 膨大な数の肖像写真を分析・分類した

 

 

 

そこで私は、無数の歴史写真を1つ1つ見て分類をしていきました。さらに実際にリボン状ものを使い試行錯誤しながら、どのように結べばよいのかを明らかにしていきました。

 

 

 

実際に当時の人々が、どのような手順で結んでいたかは、完全に知ることはできませんが、「おそらくこう結んだのだろう」と、ある程度の想像はつくようなりました。

  

 

 

このブログでは誰でも実際に結ぶことができる、私なりに解明した歴史的な結び方に加え独自に考案したオススメの結び方も合わせてご紹介しています。

 

 

f:id:another-design:20161010013509j:plain

 

 

多くは基本的な “ 蝶結び”を応用したものですが、[結び下げネクタイ]の結び方と比べると、実に多種多様です。またクラヴァットやアスコット・タイと共通の結び方もあります。

 

 

 

他のネックウェアと共通の結び方が存在する理由は、ネクタイの歴史的流れが関係しているのですが、詳しくは各結び方の所で解説していきたいと思います。

 

 

 

ただ現在、一般的に売ってる蝶ネクタイでは、全ては結べません m(_ _)m

 

 

 

このブログでご紹介する結び方は、蝶ネクタイが直線的、かつ寸法に余裕のあった、19世紀後半頃から20世紀初頭初期の[手結び式 蝶ネクタイ]に、適応できるものを基準にリスト化したものです。

 

 

 

どういうことかと言いますと、20世紀以降に広く流通した、現在一般的に作られている[手結び式 蝶ネクタイ]は、後で形が変化したものなのです。英語にすると[ Shaped Self-Bow-Tie ]とでも言えるかもしれません。

 

 

 

f:id:another-design:20150513143245j:plain

 

 

 

このタイプは、バタフライ型とポインテッド型が存在しており、Basic Bow Knotで結ぶことだけを前提として、結ぶ前から凹凸に型取られています。

 

 

 

さらに「結ぶ幅」も12cm程度に結ぶことだけを前提として作られています。ただしシルエットが変形したままでよければ、この[現代型の手結び蝶ネクタイ]でも、色んなの結び方ができます。対応表は下記の[22種類の結び方リスト表]でご確認ください。)

 

 

 

20世紀以降の、蝶ネクタイの簡略化や効率化は、先人達が楽しんできたユニークな結び方文化を、廃れさせてしまったのかもしれません。文化的には進化(前進)はしていない感じもします。

 

 

 

http://www.blacktieguide.com/Supplemental/Glossary/blades.jpg

Source : The Black Tie Guide / Modern Bow Tie Blade (left)Batwing , (center)Butterfly , (right)Pointed

 

 

 

また、現在わずかに流通しているもので、上の写真左のBatwing [Straight-End / Club Bow TIe] と呼ばれるスクエア(四角形)・エンドの[手結び蝶ネクタイ]も存在します。

 

 

 

これは初期の形に近いのですが寸法が短いため[結び方]や[結べる幅]は限定されます。

 

 

 

現在のボウタイの形状区分については、下記サイトに分かりやすい表が掲載されています。よろしければ、ご参照ください。

 

 

 

 

 

 

だから、蝶ネクタイを復刻しました

 

 

 

f:id:another-design:20150513151006j:plain

 

 

 

ちなみに、初期の蝶ネクタイがどんな形をしていたか、気になりませんか?世界的な衣装研究部門がある、(米)メトロポリタン美術館のデータベースに公開されているものを、ぜひご覧になってください。

 

 

 

[参考] 初期の手結び式ネクタイ / 米国メトロポリタン美術館

LINK1 LINK2 LINK3

 

 

 

私は考えました。色んな結び方や着こなしができる[蝶ネクタイ]を再び作りたい。そして現代的な機能性も少し加えた、[復刻 蝶ネクタイ]を作りました。

 

 

 

見た目は驚くほどシンプルですが、多種多様に遊ぶことができます。ぜひ下のショップ・バナーからご覧ください。

 

 

 

なお、以下に結び方リンク表をありますので、色んな結び方を見てみてください。それでは150年分の蝶ネクタイの世界をお楽しみください。

 

 

私の長い話に耳を傾けていただき、ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

【蝶ネクタイとネックウェア 結び方リンク表 

NO 日本名 英語名 解説 手順 コーデ

現代型
ボウタイ

ネクタイ3種

Re/Na/Knit

アスコット
タイ
ストール類
1 蝶結び Basic Bow Knot 解説 手順 コーデ    ー , ー , ー  ▲  ー
2 平行結び Parallel Bow Knot 解説 手順 コーデ    ◎ , ◎ , ◎  ー  ー
3 交差結び Cross Bow Knot 解説 手順 コーデ    ー , ー , ー  ▲  ー
4 片わな結び One-Sided Ring Knot 解説 手順 コーデ    ー , ー , ー    
5 片なが結び One-Sided Long Knot 解説 手順 コーデ     ,  ,    
6 垂らし結び Drop Bow Knot 解説 手順 コーデ     ,  ,   
Lavallière
 
7 小型結び Small Bow Knot 解説 手順 コーデ     ー , ー , ー  ー  ー
8 くわ形結び Kuwagata Knot 解説 手順 コーデ  ◎   ー , ー , ー  ー  ー
9 いちご結び Strawberry Knot 解説 手順 コーデ    ▲ , ▲ , ▲  ▲  
10 尾垂れ結び Tail Knot 解説 手順 コーデ  

  ,  , 

   ◎
11 蝶下げ結び Mix Knot 解説 手順 コーデ     ,  ,     
12 叶結び Buckaroo Knot 解説 手順 コーデ  ◎  ◎ , ◎ , ◎  ◎  ◎
13 下げ結び Plain Knot 解説 手順 コーデ    ◎ , ◎ , ◎  ◎  ◎
14 合掌結び Régate Knot 解説 手順 コーデ     ,  ,   ◎  ◎
15 又の字結び Gordian Knot 解説 手順 コーデ     ,  ,   ◎  ◎
16 止め結び Overhand Knot 解説 手順 コーデ    ◎ , ◎ , ◎  ◎  ◎
17 覆い結び Covered Knot 解説 手順 コーデ  ◎  ◎ , ◎ , ◎  ◎  ◎
18 本結び Square Knot 解説 手順 コーデ    ▲ , ▲ , ◎  ◎  ◎
19 四つ葉結び Four-Leaf Knot 解説 手順 コーデ  

 ー , ◎ , ▲

 ◎  ー
20 平行・交差結び Parallel-Cross Knot 解説 手順 コーデ    ◎ , ◎ , ◎   ー  ー
21 ねじり結び Twist Knot 解説 手順 コーデ     ー , ー , ー   ー  ー
22 手なが結び Long Hands Knot 解説 手順 コーデ  ◎   ー , ▲ , ー   ー  ー

 

 

 

★上記の分類方法や名称は、あくまでも独自のに解釈より作成しています。は結べるもの。は結べるが素材によりシルエットが出せないもの。は結べないもの。[現代型ボウタイ]は現在一般的に流通している[手結び式蝶ネクタイ]のことで[復刻 蝶ネクタイ]とは区別しています。[ネクタイ3種]は[Regular : 約9cm幅],[Narrow : 約7cm幅],[Knit : ニットタイ]を意味します。

 

 

 

 

f:id:another-design:20160603142819j:plain
蝶ネクタイの型紙1/3,簡易式・短寸式シリーズ,ボウタイスペシメンズ

 

 

 

 

f:id:another-design:20160603165105j:plain
蝶ネクタイの型紙2/3,オーセンティック・シリーズ,ボウタイスペシメンズ

 

 

 

 

f:id:another-design:20160603173736j:plain蝶ネクタイの型紙3/3,トラディエイティブ・シリーズ,ボウタイスペシメンズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【画像について】本ブログにおける画像は、「パブリック・ドメイン」「CCライセンス」「ロイヤリティフリー著作」「アフィリエイト・リンク」または「アナザーデザイン研究所」著作の画像等を、各規定の範囲内で掲載しております。また、服飾文化研究をより多くの人と共有し、継承・発展させたいという観点から、肖像写真は重要な歴史的証拠と考え、敬意を込めて掲載しております。 パブリックドメイン  /  クリエイティブ・コモンズ  /  ロイヤリティフリー