「蝶ネクタイの標本」blog | BOWTIE SPECIMENS

蝶ネクタイ ブランド「蝶ネクタイの標本」のブログ。蝶ネクタイの歴史,結び方,種類など、ネクタイ史研究を土台に生み出す作品を発信します。"BOWTIE SPECIMENS" is Traditional and Creative BowTie brand. How to tie 23 ways BowTie Knot ? 150 years History , many design types.

リボンの結び方 手順18(本結び/Square Knot) 蝶ネクタイの結び方,How to Tie

本結び/Square Knot 手順

 

f:id:another-design:20161010012351j:plain

 

 

このページでは、本結び / Square Knot の結び方手順をご紹介します。[同意:Sailor’s Knot (セーラー結び) / 本(ほん)結び / 固(かた)結び / 細(こま)結び / 真(ま)結び ]

 

 

[又の字結び]の途中までの手順と同じです。仕上げは八の字展開平行展開があります。歴史資料にも、しばしば登場する結び方です。まずは1分動画をご覧ください。

 

 

 

難易度★★


結ぶ人アングル版

 

 


スライド版

 

 

 

この結び方は、剣先の幅が4センチ以上で、尚且つ下に垂れるだけの重みがある素材を、使用していることが前提条件になります。細く軽いものは剣先が浮いてしまうので不向きです。

 

 

結ぶ手順をゆっくり見たいという方は、以下に写真とコメントを載せました。[手結び蝶ネクタイ]だけでなく、他のネックウェアにも応用して結んでいただけます。

 

 

 

f:id:another-design:20150510190922j:plain

まずシャツ・ボタンの4つ目辺りと、そこから4センチほど下の位置に剣先が来るように、ベルト部分の長さをアジャスタで調節します。(この設定はボタン3つ目までの長さに仕上げる時の目安です。)

 

 

 

f:id:another-design:20150510190940j:plain

左手側の長い方から、右手側ひと結びします。この時、首の前中心で交差させて、巻いた剣先は右肩の上に乗せておきます。

 

 

 

f:id:another-design:20150510191006j:plain

もう一方を、左手側から右手側に向けて水平に折ります。

 

 

 

f:id:another-design:20150510191025j:plain

肩に乗せていた部分を、上から垂らします。



 

f:id:another-design:20150510191044j:plain

垂らした部分の剣先を、水平に折った輪の中へ下から通します。

 

 

 

f:id:another-design:20150510191111j:plain

左右の剣先を、水平方向に引き締めます。(この時、形が崩れない程度に絞り、結び目が長方形になるよう整えます。)

 

 

 

f:id:another-design:20150510191139j:plain

両方の剣先を下に垂らし、45度に広げると[八の字展開]の完成です。

 

 

 

f:id:another-design:20150510191214j:plain

2本並べて垂直に垂らすと[平行展開]の完成です。(左右の長さが揃うと、見栄えが良くなります。)